西陽の雑木林

このような雑木林は珍しくはありませんが、最近はこの雑木林もだんだん消滅していっているそうです。宮崎駿さんのアニメに出てくるようなどこかしら懐かしい雑木林もこの先貴重なものとなっていくのでしょう。
この絵に描いた雑木林も何年後かは宅地造成とかされて消滅してしまうのでしょうか。。。

さて、今回の作品は西陽を意識しました。初夏だったので時間でいうと夕方5時頃だったかと思います。
完全な夕陽ではなく、太陽の位置もまだ比較的高い位置にあるのですが、長く伸びる影が印象的で全体の色合いも西陽の黄色がかった暖かさを感じます。

【作品メモ】

  • 完成日:2017年3月11日
  • サイズ:A4判
  • 用 紙:KMKケント紙
  • 色鉛筆:カランダッシュ/カリスマカラー

磯の荒波

農村風景 −塩尻市−

関連記事

  1. 林の向こう

    タイトル通り、林を抜けた先には何があるのだろうと想像したくなる景色を絵にしました。この絵では2本…

  2. 海の家

    本格的な夏、海のシーズン到来です!この絵は海側からの視点で描いています。だから海の家ですが海は見…

  3. 寂しげな週末

    雨が降ったり止んだりのすっきりしない天気。ひっそりと静寂に包まれた農村の週末は寂しげに霞んでいます。…

  4. 里山の風景

    南アルプスの麓にある里山風景です。郊外でよく見る典型的な景色ではないでしょうか。この絵を描いたのは夏…

  5. 神社のある風景

    土地の小さな氏神様です。鬱蒼とした古い大木の影の石階段、石の小さな鳥居、脇には清水が流れています…

  6. 立ち話

    田舎ではよく見る光景です。「○○さんの東京に嫁いでいた娘はお産で里帰りしているよ」とか、「最近は…

  7. 農村風景 −塩尻市−

    よくある農村の風景です。なだらかな坂道に雑木林の木陰、ゆっくりと時間が流れます。長野県の…

  8. 寂しげな週末 Part2

    この絵は昨年描いた場所を回れ右して別視点で描いたものです。視点を変えても相変わらず冬の寂しげで寒…

PAGE TOP