西陽の雑木林

このような雑木林は珍しくはありませんが、最近はこの雑木林もだんだん消滅していっているそうです。宮崎駿さんのアニメに出てくるようなどこかしら懐かしい雑木林もこの先貴重なものとなっていくのでしょう。
この絵に描いた雑木林も何年後かは宅地造成とかされて消滅してしまうのでしょうか。。。

さて、今回の作品は西陽を意識しました。初夏だったので時間でいうと夕方5時頃だったかと思います。
完全な夕陽ではなく、太陽の位置もまだ比較的高い位置にあるのですが、長く伸びる影が印象的で全体の色合いも西陽の黄色がかった暖かさを感じます。

【作品メモ】

  • 完成日:2017年3月11日
  • サイズ:A4判
  • 用 紙:KMKケント紙
  • 色鉛筆:カランダッシュ/カリスマカラー

磯の荒波

農村風景 −塩尻市−

関連記事

  1. 立ち話

    田舎ではよく見る光景です。「○○さんの東京に嫁いでいた娘はお産で里帰りしているよ」とか、「最近は…

  2. 霧の里山

    この絵を描いたのは11月です。晩秋の景色を描くためにロケハンに出たのですがあいにくの天気となり、小雨…

  3. 長閑な夏の日

    ある地方の山村です。日中は暑いので、皆家の中にいるのでしょう。たまたま一人だけ見かけましたが…

  4. 川遊び

    山や川、海のシーズン到来です!子供達は水遊びが大好き。そういう自分も子供の頃はよく水遊びをし…

  5. 明るい農村2

    明るい農村シリーズの2作目となりました。これも郊外に行くとよく目にする景色ではないでしょうか。こうい…

  6. いつかの夜道

    ハロウィンの季節ということで、ちょっとだけ非現実的な幼少の曖昧な記憶を辿ってみました。「たし…

  7. 祭りの後

    賑やかだった秋祭りも終わり、屋台の灯りだけが煌々と周囲を照らしています。通りに人気はありませんが、屋…

  8. 森のパン屋さん

    森の中の移動パン屋さんです。最近はこういうお店もよく目にするようになりました。なんとなくお洒落な…

PAGE TOP