白川郷の甘味処

基本的に観光地は整然とされていて人工的なものも多いので、絵のモチーフとして私の興味からは外れるのですが、白川郷などのような場所は歴史的な建造物や昔ながらの自然が広がるといった意味で、私的にはこれからも絵にしたい場所でもあります。

さて、今回は数年前の夏に白川郷を旅した際の景色を絵にしたものですが、白川郷といえば合掌集落になります。しかしあえて合掌集落やかやぶき屋根といった物をクローズアップしませんでした。本当に個人的ではありますが、甘味が好きなので甘味処を主役にしました。本当にわがままです(笑
甘味処といっても白川郷の甘味処はそれなりに絵になります。周りの景色に溶け込んでいますし、佇まいも落ち着いた昔ながらの風情を感じさせるもので、居心地良さそうです。実際にはこの店には入りませんでしたが、もし今後行くような機会があればぜひ立ち寄ってみたいです。

【作品メモ】

  • 完成日:2016年9月19日
  • サイズ:A4判
  • 用 紙:KMKケント紙
  • 色鉛筆:カランダッシュ/カリスマカラー

里山の風景

空き地のショベルカー

関連記事

  1. お疲れさま

    一日の労働を終え、日暮れのあぜ道を歩いて家路につく親子です。水田では蛙の声が響きわたり、夏…

  2. 見上げた夜空

    街灯のない一本道、スクーターを停めて見上げた空は満天の星。架空の情景になりますが、こんな空…

  3. 用水路

    この絵も東京郊外です。民家と民家の間を流れる用水路はなかなか風情があるものです。子供の頃は用水路でよ…

  4. 友達

    よく目にする小学生の登下校風景である。男同士、女同士、だいたいこんな感じで2〜3人組でふざけあい…

  5. あの頃に続く道

    子供の頃、こんな感じの道を通学したものです。途中何度も道草したり脇道に入ったりと、子供たちを惹きつけ…

  6. 暮れゆく里山

    真っ赤に染まった西の空。ゆっくりと暮れ、里山の一日は終わりを迎えようとしています。…

  7. 静かな秋

    山には霧が立ち込める寂しげな晩秋の景色です。山裾民家の合間から見上げた山の秋をそのまま切り取って…

  8. 忘れられた時間 Part2

    昨年「忘れられた時間」というタイトルで、空き地に投棄されている廃車を描きましたが、この絵も同様タイト…

PAGE TOP