国道20号線板室トンネル付近 −長野県茅野市−

GWにドライブに出かけた際のありふれた風景を絵にしてみました。
作品画像の下部分(手前の車のタイヤ部分)が投稿の関係上画像から隠れてしまい、構図バランスがちょっとだけ崩れて見えますが、原画ではきちんと隠れたタイヤ部分も描いています。

GWということもあって、国道はいつもより交通量が多いです。とはいっても首都圏の混み具合とは比較になりません。とくに山間の国道は渋滞がないのでドライブには申し分ないです。この道はいつもは流通トラックが多いのですが、さすがにGWはファミリーカーなどの小型車が目立ちます。

このトンネルは昔から長野方面に行く際によく通っていましたが、板室トンネルという自体は意識したことがありませんでした。とくに目を惹く景色がある場所ではありませんが、こうやって絵にしてみると興味がわいてきます。また機会があれば意識して通行してみようと思います。

【作品メモ】

  • 完成日:2016年7月3日
  • サイズ:A4判
  • 用 紙:KMKケント紙
  • 色鉛筆:カランダッシュ/カリスマカラー

貯水池のある風景 −長野県塩尻市−

明るい農村

関連記事

  1. 消防団と火の見櫓

    消防団の赤色灯と火の見櫓の白色灯が、お互いに自己主張するかのように煌々と輝く夜の田舎道です。人気…

  2. 神社のある風景

    土地の小さな氏神様です。鬱蒼とした古い大木の影の石階段、石の小さな鳥居、脇には清水が流れています…

  3. 青田の季節

    稲が青々として夏らしい色合いの季節になりました。セミも鳴き始め、いよいよ本格的な夏ですね!農…

  4. 実りの秋

    黄金色の稲穂に赤いミニが映えたので、絵にしてみました。以前黒いミニに乗っていたので、ミニを見かけると…

  5. 霧の里山

    この絵を描いたのは11月です。晩秋の景色を描くためにロケハンに出たのですがあいにくの天気となり、小雨…

  6. 明るい農村2

    明るい農村シリーズの2作目となりました。これも郊外に行くとよく目にする景色ではないでしょうか。こうい…

  7. 夕暮れの散歩道

    のどかな初秋の夕暮れを描きました。まだ夏の名残があるとはいえ、秋は足早にやってきます。…

  8. 貯水池のある風景 −長野県塩尻市−

    最近は貯水池をあまり見かけなくなりました。主に農業用として使われていた貯水池なので、農業人口の減少が…

PAGE TOP