寝苦しい夜

今までの作品に比べてかなり寂しい作品になりましたが、この絵は暑くてなかなか寝付けない夜に夜風に当たりたくて外に出た時に見た風景です。
人気のない暗闇の中に街灯の灯りだけが煌々と夜道を照らし、わずかに感じる生暖かい空気の中で蛙の声がうるさいくらいに反響しています。
近所の家も眠れないのか、深夜テレビの音が網戸を通して微かに響いています。そんな田舎の暑い夜です。

今はエアコンがあるので暑くて眠れない夜はないのですが、田舎で過ごした子供の頃はエアコンなどはなく、扇風機だけが頼りでした。もちろん当時は熱帯夜なんて滅多にありませんでしたが。

今年の暑さは半端ないですね!皆さん、熱中症には十分気をつけましょう。

【作品メモ】

完成日:2018年8月6日
サイズ:A4判
用 紙:KMKケント紙
色鉛筆:カランダッシュ/カリスマカラー

立ち話

夏休みのバス停

関連記事

  1. 消防団と火の見櫓

    消防団の赤色灯と火の見櫓の白色灯が、お互いに自己主張するかのように煌々と輝く夜の田舎道です。人気…

  2. 火の見櫓のある景色

    最近では郊外に行かないとなかなか火の見櫓を見る機会はありません。火の見櫓自体の役割がなくなっているか…

  3. ある夏の日

    今年の夏は梅雨が明けてから梅雨のような天気が続いていますね。このまま夏も終わってしまうのでしょう…

  4. 見知らぬ海辺の町

    香川県高松市近郊にある瀬戸内海側の海辺の町です。10年くらい前にたまたまドライブで立ち寄った場所…

  5. 軽トラのある風景 Part2

    5月の連休に帰省した際に見た風景です。田植えにはまだ早い季節でしたが、山は鮮やかな新緑が覆いつく…

  6. 夕暮れの散歩道

    のどかな初秋の夕暮れを描きました。まだ夏の名残があるとはいえ、秋は足早にやってきます。…

  7. あの頃に続く道

    子供の頃、こんな感じの道を通学したものです。途中何度も道草したり脇道に入ったりと、子供たちを惹きつけ…

  8. ありふれた橋の風景

    橋は比較的描きやすいテーマであり、こんなに特徴のないコンクリートの橋でも風景にしっかり溶け込むので、…

PAGE TOP