木材運搬車

国道20号線の山梨県と長野県の県境です。
甲州街道ということで山梨と長野を結ぶ動脈道路として物流車両が数多く通ります。そんな数ある物流車両の中でもこの土地ならではということで、木材の運搬車が目を惹きます。この木材運搬車はどこまで木材を運んでいくのでしょうか。ついつい後をついて行きたくなります。

この風景は季節でいうと5月の初旬で、山や樹木が春から夏にかけて色付き始める頃です。なんとなく柔らかな色合いは少しだけまだ春の気配が漂う感じを表現してみました。

【作品メモ】

  • 完成日:2016年5月25日
  • サイズ:A4判
  • 用 紙:KMKケント紙
  • 色鉛筆:カランダッシュ/カリスマカラー

農家 −長野県塩尻市−

朽ちたブルドーザー

関連記事

  1. 黄昏時のプラットホーム

    この絵は東京郊外にある単線の駅です。西陽の差し込むプラットホームが長い影に覆われ、また電車を待つ…

  2. 白川郷の路地裏風景

    何年か前に白川郷を訪れた際に見た風景です。茅葺屋根の連なった郷愁を誘う俯瞰風景もよいものですが、個人…

  3. 長閑な夏の日

    ある地方の山村です。日中は暑いので、皆家の中にいるのでしょう。たまたま一人だけ見かけましたが…

  4. 暮れゆく里山

    真っ赤に染まった西の空。ゆっくりと暮れ、里山の一日は終わりを迎えようとしています。…

  5. ちょっと休憩

    タイトル通り、木々の緑が美しくなる5月の初旬、さわやかな風を感じながらちょっと農作業の手を休めて小休…

  6. いつかの夜道

    ハロウィンの季節ということで、ちょっとだけ非現実的な幼少の曖昧な記憶を辿ってみました。「たし…

  7. 用水路

    この絵も東京郊外です。民家と民家の間を流れる用水路はなかなか風情があるものです。子供の頃は用水路でよ…

  8. 鎮守の杜

    田舎にひっそりと佇む小さな神社です。地元の人達が守っているので境内は美しく保たれ、廃れた雰囲気は…

PAGE TOP