木材運搬車

国道20号線の山梨県と長野県の県境です。
甲州街道ということで山梨と長野を結ぶ動脈道路として物流車両が数多く通ります。そんな数ある物流車両の中でもこの土地ならではということで、木材の運搬車が目を惹きます。この木材運搬車はどこまで木材を運んでいくのでしょうか。ついつい後をついて行きたくなります。

この風景は季節でいうと5月の初旬で、山や樹木が春から夏にかけて色付き始める頃です。なんとなく柔らかな色合いは少しだけまだ春の気配が漂う感じを表現してみました。

【作品メモ】

  • 完成日:2016年5月25日
  • サイズ:A4判
  • 用 紙:KMKケント紙
  • 色鉛筆:カランダッシュ/カリスマカラー

農家 −長野県塩尻市−

朽ちたブルドーザー

関連記事

  1. 見知らぬ海辺の町

    香川県高松市近郊にある瀬戸内海側の海辺の町です。10年くらい前にたまたまドライブで立ち寄った場所…

  2. 火の見櫓のある景色

    最近では郊外に行かないとなかなか火の見櫓を見る機会はありません。火の見櫓自体の役割がなくなっているか…

  3. 寝苦しい夜

    今までの作品に比べてかなり寂しい作品になりましたが、この絵は暑くてなかなか寝付けない夜に夜風に当たり…

  4. ありふれた橋の風景

    橋は比較的描きやすいテーマであり、こんなに特徴のないコンクリートの橋でも風景にしっかり溶け込むので、…

  5. 海の家

    本格的な夏、海のシーズン到来です!この絵は海側からの視点で描いています。だから海の家ですが海は見…

  6. 野球少年の夏

    高校野球地区大会も佳境に入り、各地区の代表もそろそろ出揃う季節です。この絵は河川敷にてこれから練…

  7. 黄昏時のプラットホーム

    この絵は東京郊外にある単線の駅です。西陽の差し込むプラットホームが長い影に覆われ、また電車を待つ…

  8. 神社のある風景

    土地の小さな氏神様です。鬱蒼とした古い大木の影の石階段、石の小さな鳥居、脇には清水が流れています…

PAGE TOP