おばちゃーん、かき氷ちょうだーい!

タイトル通り、子供の元気な声が聞こえてくるかき氷屋さんの店先の様子を描いてみました。
こういった店は観光地にはまだ多く残っているようで、夏の暑い日にはかき氷を求める長い行列ができています。
この夏の涼を求める風情は昔も今も変わりありませんね。

【作品メモ】

完成日:2017年9月3日
サイズ:A4判
用 紙:KMKケント紙
色鉛筆:カランダッシュ/カリスマカラー

瀬戸内の島

踏切

関連記事

  1. 青田の季節

    稲が青々として夏らしい色合いの季節になりました。セミも鳴き始め、いよいよ本格的な夏ですね!農…

  2. 黄昏時のプラットホーム

    この絵は東京郊外にある単線の駅です。西陽の差し込むプラットホームが長い影に覆われ、また電車を待つ…

  3. 寂しげな週末 Part2

    この絵は昨年描いた場所を回れ右して別視点で描いたものです。視点を変えても相変わらず冬の寂しげで寒…

  4. 退屈な週末

    鬱陶しい梅雨の季節になりました。両親は法事で外出中。家の中には自分独り。本来であれ…

  5. 霧の里山

    この絵を描いたのは11月です。晩秋の景色を描くためにロケハンに出たのですがあいにくの天気となり、小雨…

  6. 農家 −長野県塩尻市−

    庭先のツツジが花開く5月。生活の香りがして、ふと、ただいま、と帰って行きたくなるような懐かしい軒…

  7. 竹藪の曲がり角

    こういった竹藪は年々少なくなってきているみたいですね。竹藪や竹林は古来から日本の風景の代名詞みた…

  8. 忘れられた時間

    草むらに放置(投棄)された自動車、こういった光景は子供の頃はあちこちで見られました。この絵はもち…

PAGE TOP