廃屋

昨年5月の連休に山梨に帰省した際に見た風景です。
昨今では空き家問題や地方の過疎化などが問題となっていますが、まさしく実家に帰省するたびにこういった現実を眼の当たりにするわけです。
この家は、もはや空き家を通り越して解体を待つ状況とでもいうでしょうか。人の住める状態ではなくなっています。
こういう家を見るたびに、昔はどんな人が住んでいたのだろうかと感慨深げに古の時代を想像するのです。

春の草木の新緑と朽ちた廃屋の暗さが、明暗や生死といったものを映し出しています。

【作品メモ】

完成日:2017年07月5日
サイズ:A4判
用 紙:KMKケント紙
色鉛筆:カランダッシュ/カリスマカラー

友達

忘れられた時間 Part2

関連記事

  1. 立ち話

    田舎ではよく見る光景です。「○○さんの東京に嫁いでいた娘はお産で里帰りしているよ」とか、「最近は…

  2. 神社のある風景

    土地の小さな氏神様です。鬱蒼とした古い大木の影の石階段、石の小さな鳥居、脇には清水が流れています…

  3. ある夏の日

    今年の夏は梅雨が明けてから梅雨のような天気が続いていますね。このまま夏も終わってしまうのでしょう…

  4. ニッポンの民家

    いわゆる昭和の雰囲気を漂わせる典型的なニッポンの民家です。とくに郊外ではこういった民家はまだまだ…

  5. 白馬 大出公園

    このテーマはinstagramのフォロワー様からのリクエストで描かせていただきました。長野県の白…

  6. 国道20号線板室トンネル付近 −長野県茅野市−

    GWにドライブに出かけた際のありふれた風景を絵にしてみました。作品画像の下部分(手前の車のタイヤ…

  7. 実りの秋

    黄金色の稲穂に赤いミニが映えたので、絵にしてみました。以前黒いミニに乗っていたので、ミニを見かけると…

  8. 薄霧のプラットホーム

    昨年の秋に山梨県の韮崎駅のホームから見た景色です。スッキリしない空は気持ちも滅入りますが、薄っす…

PAGE TOP