長閑なローカル線

長野県の伊那にある鉄道脇の畑風景です。
塩尻と名古屋方面を結ぶJR路線ですが、単線ですのでローカル色満載です。
電車も1時間に一本程度といった間隔ですので、非常に長閑な雰囲気が漂っています。

ここ最近は廃線巡りがブームだそうですが、地方の過疎化が進むと廃線もさらに増えていくのでしょう。
廃線は廃線でなかなか風情があって良いものではありますが、やはり廃線化が進むのは寂しい限りです。

【作品メモ】

  • 完成日:2017年4月22日
  • サイズ:A4判
  • 用 紙:KMKケント紙
  • 色鉛筆:カランダッシュ/カリスマカラー

トタン張りの家

神社のある風景

関連記事

  1. 軽トラのある風景 Part3

    久しぶりの軽トラ登場です。やはり長閑な風景には軽トラは必須アイテムです。これからも不定期です…

  2. トタン張りの家

    東京郊外にあるトタン張りの家です。一昔前まではトタン張りの家はあちこちで見かけることができました…

  3. 貯水池のある風景 −長野県塩尻市−

    最近は貯水池をあまり見かけなくなりました。主に農業用として使われていた貯水池なので、農業人口の減少が…

  4. 踏切

    予讃線下灘駅近くの踏切です。ロケーションスポットとしてあまりに有名な下灘駅も素晴らしいのですが、…

  5. 木材運搬車

    国道20号線の山梨県と長野県の県境です。甲州街道ということで山梨と長野を結ぶ動脈道路として物流車…

  6. ある夏の日

    今年の夏は梅雨が明けてから梅雨のような天気が続いていますね。このまま夏も終わってしまうのでしょう…

  7. 明るい農村2

    明るい農村シリーズの2作目となりました。これも郊外に行くとよく目にする景色ではないでしょうか。こうい…

  8. 野球少年の夏

    高校野球地区大会も佳境に入り、各地区の代表もそろそろ出揃う季節です。この絵は河川敷にてこれから練…

PAGE TOP