忘れられた時間

草むらに放置(投棄)された自動車、こういった光景は子供の頃はあちこちで見られました。
この絵はもちろん過去を思い出して描いたものではありません。現在の風景です。
なんとなく懐かしさを感じます。
もちろん、車の車種や年式が懐かしいという意味合いも含まれますが、それ以上に草むらの中に忘れ去られたように朽ちて佇む車といった情景全てが懐かしいという意味です。

今でも全国各地にこういった投棄車はあるようです。こういった車を探索するファンもいるそうです。
ネットで検索すると、「草ヒロ」すなわち草むらのヒーローという意味合いで呼んでいるようです。
なんか楽しそうですよね。

【作品メモ】

  • 完成日:2017年6月14日
  • サイズ:A4判
  • 用 紙:KMKケント紙
  • 色鉛筆:カランダッシュ/カリスマカラー

白馬 大出公園

ニッポンの民家

関連記事

  1. 瀬戸内の島 Part2

    以前描いた瀬戸内海にある倉橋島です。別の角度から描くとまた違った魅力があります。フェリーからしか…

  2. 白川郷の甘味処

    基本的に観光地は整然とされていて人工的なものも多いので、絵のモチーフとして私の興味からは外れるのです…

  3. 神社のある風景

    土地の小さな氏神様です。鬱蒼とした古い大木の影の石階段、石の小さな鳥居、脇には清水が流れています…

  4. 貯水池のある風景 −長野県塩尻市−

    最近は貯水池をあまり見かけなくなりました。主に農業用として使われていた貯水池なので、農業人口の減少が…

  5. 竹藪の曲がり角

    こういった竹藪は年々少なくなってきているみたいですね。竹藪や竹林は古来から日本の風景の代名詞みた…

  6. 空き地のショベルカー

    この絵のロケ場所は以前描いたブルドーザーの近くの空き地です。隣接して建設関連の会社があり、敷地内に建…

  7. ニッポンの民家

    いわゆる昭和の雰囲気を漂わせる典型的なニッポンの民家です。とくに郊外ではこういった民家はまだまだ…

  8. ちょっと休憩

    タイトル通り、木々の緑が美しくなる5月の初旬、さわやかな風を感じながらちょっと農作業の手を休めて小休…

PAGE TOP