穏やかな時間

明けましておめでとうございます。
関東では天気も良く穏やかな新年となりました。
 
この作品は、古民家の室内から冬の庭を眺めているような視点で描いた作品です。
縁側で日向ぼっこしたくなるような、穏やかな新春をイメージできるとよいのですが。。。
 
さて、昨年末は大阪でのグループ展出展など慌ただしく過ごしていたので、創作活動も一時停滞していましたが、2018年は昨年以上に創作活動に力を入れていきたいと思います。
ただし、昨年はかなりハイペースで創作していましたが、今年はじっくりと腰を据えて大判作品に挑戦していきたいと思います。
 
ということで、昨年同様宜しくお願い申し上げます。

【作品メモ】

完成日:2017年03月28日
サイズ:A4判
用 紙:KMKケント紙
色鉛筆:カランダッシュ/カリスマカラー

消防団と火の見櫓

黄昏時のプラットホーム

関連記事

  1. 実りの秋

    黄金色の稲穂に赤いミニが映えたので、絵にしてみました。以前黒いミニに乗っていたので、ミニを見かけると…

  2. トタン張りの家

    東京郊外にあるトタン張りの家です。一昔前まではトタン張りの家はあちこちで見かけることができました…

  3. ニッポンの民家

    いわゆる昭和の雰囲気を漂わせる典型的なニッポンの民家です。とくに郊外ではこういった民家はまだまだ…

  4. 農家 −長野県塩尻市−

    庭先のツツジが花開く5月。生活の香りがして、ふと、ただいま、と帰って行きたくなるような懐かしい軒…

  5. 踏切

    予讃線下灘駅近くの踏切です。ロケーションスポットとしてあまりに有名な下灘駅も素晴らしいのですが、…

  6. 消防団

    日常の何気ない生活の中から切り取るのが好きで、この絵も消防団の出初式が終わった後の立ち話を描いたも…

  7. 神社のある風景

    土地の小さな氏神様です。鬱蒼とした古い大木の影の石階段、石の小さな鳥居、脇には清水が流れています…

  8. 軽トラのある風景

    東京でも郊外に行くと軽トラが普通に走っている長閑な風景に出会えます。最近は軽トラを見ると心が落ち…

PAGE TOP