穏やかな時間

明けましておめでとうございます。
関東では天気も良く穏やかな新年となりました。
 
この作品は、古民家の室内から冬の庭を眺めているような視点で描いた作品です。
縁側で日向ぼっこしたくなるような、穏やかな新春をイメージできるとよいのですが。。。
 
さて、昨年末は大阪でのグループ展出展など慌ただしく過ごしていたので、創作活動も一時停滞していましたが、2018年は昨年以上に創作活動に力を入れていきたいと思います。
ただし、昨年はかなりハイペースで創作していましたが、今年はじっくりと腰を据えて大判作品に挑戦していきたいと思います。
 
ということで、昨年同様宜しくお願い申し上げます。

【作品メモ】

完成日:2017年03月28日
サイズ:A4判
用 紙:KMKケント紙
色鉛筆:カランダッシュ/カリスマカラー

消防団と火の見櫓

黄昏時のプラットホーム

関連記事

  1. 廃屋

    昨年5月の連休に山梨に帰省した際に見た風景です。昨今では空き家問題や地方の過疎化などが問題となっ…

  2. 路地

    久し振りの投稿になりました。昨年夏に広島県の津和野を旅した際に出会った路地裏の風景です。夏…

  3. 朽ちたブルドーザー

    実家近所の空き地に放置されていたブルドーザーです。ところどころ錆びて、朽ち果てるのを待つ寂しさを…

  4. 立ち話

    田舎ではよく見る光景です。「○○さんの東京に嫁いでいた娘はお産で里帰りしているよ」とか、「最近は…

  5. 友達

    よく目にする小学生の登下校風景である。男同士、女同士、だいたいこんな感じで2〜3人組でふざけあい…

  6. 虫取り

    今回も少しだけ季節を先取りして、夏らしい雰囲気の絵を描いてみました。まさしく少年時代の夏休みとい…

  7. ありふれた橋の風景

    橋は比較的描きやすいテーマであり、こんなに特徴のないコンクリートの橋でも風景にしっかり溶け込むので、…

  8. 全力疾走の秋 〜白より白い雲がいく〜

    初秋の郊外です。樹々の葉もわずかに色づき始め、空気はひんやりして、何をするにも気持ちの良い季節で…

PAGE TOP