夕陽の射し込む散歩道

令和2年初のPOSTになりました。遅れ馳せながら本年も宜しくお願いします🙇‍♂️

今回は長野県塩尻市に行った際に散歩の途中で目にした景色です。夕日が真正面から射し込み、目を開けていられないほど眩しかったのを憶えています。

この眩しかった西陽ですが、絵の中ではもっと逆光の眩しい感覚を表現したかったのですが、カメラでいうと露出を全開にしたような白っぽいイメージでしょうか。まあ、そこまではいかなくとももう少し眩しい感覚を表現したかったのですが、比較的マイルドに仕上がってしまいました。光の表現は本当に難しいですね。

ということで、今年の絵の課題は光の表現となりそうです。

【作品メモ】

完成日:2020年1月7日
サイズ:A4判
用 紙:KMKケント紙
色鉛筆:カランダッシュ/カリスマカラー/ホルベイン

晩秋

消防団

関連記事

  1. 明るい農村

    そういえば昔、NHKの「明るい農村」という番組がありましたね。小学校の授業とかでよく観た記憶がありま…

  2. 夕暮れの散歩道

    のどかな初秋の夕暮れを描きました。まだ夏の名残があるとはいえ、秋は足早にやってきます。…

  3. 木材運搬車

    国道20号線の山梨県と長野県の県境です。甲州街道ということで山梨と長野を結ぶ動脈道路として物流車…

  4. いつかの夜道

    ハロウィンの季節ということで、ちょっとだけ非現実的な幼少の曖昧な記憶を辿ってみました。「たし…

  5. 虫取り

    今回も少しだけ季節を先取りして、夏らしい雰囲気の絵を描いてみました。まさしく少年時代の夏休みとい…

  6. 木陰で休憩

    関東ではお盆過ぎてもスッキリとしない天気が続いています。夏はどこに行ったのでしょうか!?とい…

  7. 実りの秋

    黄金色の稲穂に赤いミニが映えたので、絵にしてみました。以前黒いミニに乗っていたので、ミニを見かけると…

  8. 白川郷の甘味処

    基本的に観光地は整然とされていて人工的なものも多いので、絵のモチーフとして私の興味からは外れるのです…

PAGE TOP