夕陽の射し込む散歩道

令和2年初のPOSTになりました。遅れ馳せながら本年も宜しくお願いします🙇‍♂️

今回は長野県塩尻市に行った際に散歩の途中で目にした景色です。夕日が真正面から射し込み、目を開けていられないほど眩しかったのを憶えています。

この眩しかった西陽ですが、絵の中ではもっと逆光の眩しい感覚を表現したかったのですが、カメラでいうと露出を全開にしたような白っぽいイメージでしょうか。まあ、そこまではいかなくとももう少し眩しい感覚を表現したかったのですが、比較的マイルドに仕上がってしまいました。光の表現は本当に難しいですね。

ということで、今年の絵の課題は光の表現となりそうです。

【作品メモ】

完成日:2020年1月7日
サイズ:A4判
用 紙:KMKケント紙
色鉛筆:カランダッシュ/カリスマカラー/ホルベイン

晩秋

消防団

関連記事

  1. 土管のある風景

    最近ではあまり見なくなった風景です。子供のころは土管があちこちにありました。高度成長時代はこうい…

  2. 全力疾走の秋 〜白より白い雲がいく〜

    初秋の郊外です。樹々の葉もわずかに色づき始め、空気はひんやりして、何をするにも気持ちの良い季節で…

  3. 寂しげな週末

    雨が降ったり止んだりのすっきりしない天気。ひっそりと静寂に包まれた農村の週末は寂しげに霞んでいます。…

  4. 木陰で休憩

    関東ではお盆過ぎてもスッキリとしない天気が続いています。夏はどこに行ったのでしょうか!?とい…

  5. 鎮守の杜

    田舎にひっそりと佇む小さな神社です。地元の人達が守っているので境内は美しく保たれ、廃れた雰囲気は…

  6. 明るい農村

    そういえば昔、NHKの「明るい農村」という番組がありましたね。小学校の授業とかでよく観た記憶がありま…

  7. 見上げた夜空

    街灯のない一本道、スクーターを停めて見上げた空は満天の星。架空の情景になりますが、こんな空…

  8. いつかの夜道

    ハロウィンの季節ということで、ちょっとだけ非現実的な幼少の曖昧な記憶を辿ってみました。「たし…

PAGE TOP