夕陽の射し込む散歩道

令和2年初のPOSTになりました。遅れ馳せながら本年も宜しくお願いします🙇‍♂️

今回は長野県塩尻市に行った際に散歩の途中で目にした景色です。夕日が真正面から射し込み、目を開けていられないほど眩しかったのを憶えています。

この眩しかった西陽ですが、絵の中ではもっと逆光の眩しい感覚を表現したかったのですが、カメラでいうと露出を全開にしたような白っぽいイメージでしょうか。まあ、そこまではいかなくとももう少し眩しい感覚を表現したかったのですが、比較的マイルドに仕上がってしまいました。光の表現は本当に難しいですね。

ということで、今年の絵の課題は光の表現となりそうです。

【作品メモ】

完成日:2020年1月7日
サイズ:A4判
用 紙:KMKケント紙
色鉛筆:カランダッシュ/カリスマカラー/ホルベイン

晩秋

関連記事

  1. 国道20号線板室トンネル付近 −長野県茅野市−

    GWにドライブに出かけた際のありふれた風景を絵にしてみました。作品画像の下部分(手前の車のタイヤ…

  2. 鎮守の杜

    田舎にひっそりと佇む小さな神社です。地元の人達が守っているので境内は美しく保たれ、廃れた雰囲気は…

  3. 里山の風景

    郊外に足を延ばせばどこでも見られるような風景を絵にしました。この絵は夏の景色になりますが、青い空に白…

  4. 明るい農村2

    明るい農村シリーズの2作目となりました。これも郊外に行くとよく目にする景色ではないでしょうか。こうい…

  5. 軽トラのある風景 Part3

    久しぶりの軽トラ登場です。やはり長閑な風景には軽トラは必須アイテムです。これからも不定期です…

  6. 里山の秋

    この景色は東京郊外(多摩地方)です。まだ東京にもこのような里山景色は残っているんですね。訪れたのは1…

  7. 霧の里山

    この絵を描いたのは11月です。晩秋の景色を描くためにロケハンに出たのですがあいにくの天気となり、小雨…

  8. 寂しげな週末

    雨が降ったり止んだりのすっきりしない天気。ひっそりと静寂に包まれた農村の週末は寂しげに霞んでいます。…

PAGE TOP