忘れられた時間

草むらに放置(投棄)された自動車、こういった光景は子供の頃はあちこちで見られました。
この絵はもちろん過去を思い出して描いたものではありません。現在の風景です。
なんとなく懐かしさを感じます。
もちろん、車の車種や年式が懐かしいという意味合いも含まれますが、それ以上に草むらの中に忘れ去られたように朽ちて佇む車といった情景全てが懐かしいという意味です。

今でも全国各地にこういった投棄車はあるようです。こういった車を探索するファンもいるそうです。
ネットで検索すると、「草ヒロ」すなわち草むらのヒーローという意味合いで呼んでいるようです。
なんか楽しそうですよね。

【作品メモ】

  • 完成日:2017年6月14日
  • サイズ:A4判
  • 用 紙:KMKケント紙
  • 色鉛筆:カランダッシュ/カリスマカラー

白馬 大出公園

ニッポンの民家

関連記事

  1. 用水路

    この絵も東京郊外です。民家と民家の間を流れる用水路はなかなか風情があるものです。子供の頃は用水路でよ…

  2. 廃屋

    昨年5月の連休に山梨に帰省した際に見た風景です。昨今では空き家問題や地方の過疎化などが問題となっ…

  3. 夕暮れの散歩道

    のどかな初秋の夕暮れを描きました。まだ夏の名残があるとはいえ、秋は足早にやってきます。…

  4. 磯の荒波

    この絵は7年ほど前に青森を旅行した際に出会った風景です。たしか9月の下旬ごろだったと思います。9…

  5. 枕崎漁港

    何年か前に訪れた枕崎漁港です。季節感はあまりないですが、夏です。こういった漁港は近代的かつ爽やか…

  6. 晩秋

    霧の立ち込める寒々しい晩秋の風景です。最近は温暖化の影響か、秋をほとんど感じることなくいきなり冬が…

  7. 国道20号線板室トンネル付近 −長野県茅野市−

    GWにドライブに出かけた際のありふれた風景を絵にしてみました。作品画像の下部分(手前の車のタイヤ…

  8. 寝苦しい夜

    今までの作品に比べてかなり寂しい作品になりましたが、この絵は暑くてなかなか寝付けない夜に夜風に当たり…

PAGE TOP